(やや)、願わくば(ぶつ)(にち)、我に清浄(しょうじょう)業処(ごっしょ)(かん)ぜしむることを教えたまえ」と。

【『観経』の言葉】


 前 回 で 韋 提 希 夫 人 は 釈 尊 に 「 私 は 憂 い 悩 み の な い 世 界 に 生 ま れ た い 」 と 願 い ま し た が 、 自 ら が 過 去 に 犯 し た 罪 が ま だ 残 っ て い る こ と を 恐 れ 懺 悔 す る の で し た 。 そ し て 今 月 は 、 実 際 に そ の 憂 い 悩 み の な い 世 界 へ 行 く た め の 方 法 を 教 え て く だ さ い と 頼 む と こ ろ で す 。 「 仏 日 」 は 仏 さ ま の お は た ら き が 太 陽 の 光 の よ う に 多 く の 暗 闇 を 照 ら す こ と を 讃 え て い ま す 。 「 清 浄 の 業 処 」 は 悪 人 や 悪 声 で 満 ち 溢 れ た 悪 世 界 の 対 極 に あ る 世 界 で す 。 親 鸞 聖 人 は こ の 世 界 を 注 釈 し て こ れ は 「 本 願 成 就 の 報 土 な り 」 と 言 わ れ て い ま す 。 夫 人 は た だ 清 ら か な 世 界 を 求 め た の で す が 、 仏 さ ま の 側 か ら 見 た ら そ れ は す で に 仏 さ ま に よ っ て 用 意 さ れ た 世 界 で あ る と い う こ と で す 。 で す か ら や が て 夫 人 は そ の こ と に 気 づ き そ の 世 界 を 求 め る の で す 。

慈雲会会報誌『慈雲 No.52』より


慈雲会会報誌『慈雲 No.52』が出来上がってきました。
このweb ページよりダウンロードする事が出来ます。
左のメニューの をクリックしてください。


 

 

 

 

Copyright(c) Zuirenji All rights reserved.