お知らせ

日曜礼拝
一日の始まりをお寺で過ごしませんか
四月より第二第四日曜日午前九時より一時間程度お寺で過ごしませんか
大谷婦人会瑞蓮寺支部
瑞蓮寺では女性御門徒を対象に「大谷婦人会瑞蓮寺支部」を設立することになりました。これまで仏教と縁のなかった方、お仏壇はあるけど手を合わせた事が無い方どなたも大歓迎です。
皆様どうぞご協力宜しくお願いいたします。


 

  (こころ)歓喜(かんぎ)するがゆえに、時にすなわち無生法忍(むしょうぼうにん)を得べし。

【『観経』の言葉】

お浄土の光景は「極妙の楽事」(前回)といわれているようにとても素晴らしい様子を私たちに示してくださいます。それは鏡で自分の顔を見るようにはっきりと見えるものであり、日常生活も生き生きと輝いてくるのであります。その時に私たちの心に歓喜(よろこび)が生まれます。心がよろこぶ時、ただちに無生法忍の悟りを得るであろう、とお釈迦さまは言われています。無生法忍には喜忍・悟忍・信忍の三種があります。正信偈の後半に「与韋提等獲三忍」(よいだいとうぎゃくさんにん)とありますが、観経の主人公イダイケ夫人と等しく私たちも悟りをいただくことができます。それは特別な事ではなく、阿弥陀さまから願われていることを喜び・気づき・信じる心を賜るという事です。

慈雲会会報誌『慈雲 No.70』より


慈雲会会報誌『慈雲 No.70』が出来上がってきました。
このweb ページよりダウンロードする事が出来ます。
左のメニューの をクリックしてください。

 

 

 

 

Copyright(c) Zuirenji All rights reserved.