この(じょく)悪処(あくしょ)は地獄・餓鬼・畜生盈満(しょうまん)して、不善の(ともがら)多し。

【『観経』の言葉】


前回から欣浄縁(ごんじょうえん)という一段に入っています。浄土を願うところですが、ここはまだこの世を厭う内容で満ちています。韋提希夫人にとっては、息子阿闍世によって夫である王を幽閉して死に至らしめられたこと、その我が子をそそのかした提婆達多がいるこの世はまさにこの文章のように感じられたでしょう。
しかし善導大師は次のように解説しています。         地獄餓鬼畜生の三悪道はどこかにいるのではなく、自らがその心から生み出したものであり、それをまた自ら好んで飲み込んでいるというのです。
 不善の聚とは、そのような心をもつ我々人間の数ほど多いというのです。驚くべき解釈です。

慈雲会会報誌『慈雲 No.49』より

フォトコンテストのパンフレットが出来上がってきました。
毎年恒例のフォトコンテストのテーマが
「私○○にはまっています」に決定しました。
多くの写真をお待ちしています。応募はパンフレットを参照下さい。

慈雲会会報誌『慈雲 No.49』が出来上がってきました。
このweb ページよりダウンロードする事が出来ます。
左のメニューの をクリックしてください。


 

 

 

 

Copyright(c) Zuirenji All rights reserved.